« 医療学習ノート 『9割の病気は自分で治せる』 | トップページ | 医療学習ノート 長生きしたければ病院には行くな »

2012年3月10日 (土)

経済学習ノート 外国人が日本国債を買っても対外純負債は増えない

三橋貴明『経済ニュースが10倍よくわかる日本経済のカラクリ』より
「日本の国債は国内でまかなわれているから大丈夫」という主張に対する、「国内だけでは調達できなくなり、外国からのお金が必要になったら、日本経済は破綻する」という反論に対する再反論。

・そもそも国家が心配しなければならない「国の借金」とは、対外負債。外国から借りたお金こそが本当の「国の借金」なのである。
・あるアメリカ人が日本国債を買ったとする。
日本国債は円でしか売っていない。
そのアメリカ人は為替市場で米ドルを円に両替しなければならない。
そのことは、一方でだれか日本人がその分の日本円を米ドルに換えていることにほかならない。
為替市場とは「通貨の交換」のことだから。
円を売ってくれる人がいない限り、米ドルと円は交換できない。
日本の対外債務が増加する(アメリカの対外資産の増加)、その半面で、日本人が米ドルを買ったのだから、日本の対外資産も増加しているので、プラスマイナスゼロとなる。
日本国は日本国債を買ったアメリカ人に金利を払う。 一方、この反対側では、米ドルを手に入れた日本人もその米ドルを何かで運用する。米国債を買ったとしたら、その金利が支払われる。米国債より日本国債の方が低金利なので、日本人に支払われる利子の方が大きい。
三橋の結論:日本が経常収支の黒字国である以上、外国人が日本国債を買っても対外純負債は増えない。

「両替」「為替」という魔術。米ドルは日本国内では使えないし、円は国外では使えないというのがみそ。
しかし、この理屈はどこかに落とし穴がないか?
例えば、日本国が国債を米ドルで売り出したとする。日本国は手に入れたドルを日本国内で使うには、円に両替しなければならない。とすると、上で起きたことと同じことがいえるのか。

■「外国人が日本国債を投げ売りしはじたら、日本は破綻する」への反論
上念司『日本は破産しない!』より  

 ある日突然、外国人がほんの国債残高が900兆円もあることに改めて気が付いて不安になり、「これはヤバイ」と投げ売りをはじたと仮定する。この投げ売りと連鎖して、日本国債を保有する外国人全員が投げ売り状態になる。現在45兆円が外国人の持ち分。この売却により外国人は45兆円の現金を手に入れる。そのまま持っていてもしょうがないので、外国為替市場でドルやユーロなどの自分の国の通貨と交換する。円を売って外貨を買う為替取引が行われる。45兆円の円売りが行われるので、円はどんどん安くなる。
 為替が一気に円安になれば、輸出産業にとっては逆風が一気に追い風に変わる。海外での売り上げが、何もしなくても円建てとしては増加する。そして、国際競争力も一気に回復する。農業や衣料品のような海外企業と競合する国内産業は、円安によって海外からの輸入品の値段が上がることで、国内市場での競争力を増す。

・円安というのは、輸出産業にとって、ひたすら望んでいた状態。 「めでたく」円安になった結果、日本のデフレも終わり、財政改善もその緒につける。外国人が国債を投げ売りしたら、それこそ「日本の経済は」復活する。 こういう理屈も成り立つわけだ。

« 医療学習ノート 『9割の病気は自分で治せる』 | トップページ | 医療学習ノート 長生きしたければ病院には行くな »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/573562/54186725

この記事へのトラックバック一覧です: 経済学習ノート 外国人が日本国債を買っても対外純負債は増えない:

« 医療学習ノート 『9割の病気は自分で治せる』 | トップページ | 医療学習ノート 長生きしたければ病院には行くな »